訪問ありがとうございます
名前:かのよん
昔っから、園芸好き。
特に、果樹やハーブのような、収穫も楽しめる植物が
大好きです!

アドパートナー
google
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
落ち葉を腐葉土に
「ゴミ袋に枯れ葉を入れ、1年入れっぱなしにしておけば、腐葉土ができる」という話を聞き
去年の晩秋に、せっせと落ち葉を集め、ゴミ袋に入れてから、
はや1年が過ぎました。
20101201_07.jpg

さて、ゴミ袋の中身はどうなってしょうか。
見てみましょう!
20101201_08.jpg 20101202_03.gif

ほんとに葉っぱのままです!
「袋に1年入れっぱなしにしておけば、腐葉土ができる」という話は、
マボロシでした。
まあ、そんなに都合良くはいかんということですね。

ということで、初心に帰って、あらためて腐葉土作りに挑戦しようと思います。
今年は
「びしょびしょにならない程度に水気を与える」
「時々かき混ぜて、空気を含ませる」
「発酵促進のために、米ぬかも混ぜてみる」
の3点を押さえて、挑戦してみます。

腐葉土を作るための袋ですが、去年は黒いごみ袋を使いました。
ですが、ゴミ袋では、容量が少ないので、かき混ぜにくいですし、
ちょっとしたことですぐ破れてしまうので、
今年は、もっと大容量で、強度のある袋を探していました。
で、最終的に決めたのが、これ↓


実際、購入し、広げてみたら、予想以上に大きかったので、
ちょっとビビってしまいましたが・・・・
20101201_09.jpg 20101202_04.gif

せっせと、落ち葉を拾ってきて、貯め込んでいます。
20101201_10.jpg


スポンサーサイト

 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

堆肥作り | 【2010-12-07(Tue) 14:12:13】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
良い土を作りたい・・・その4
さて、これからどうしよう。
・・・そうだ、バケツを外に置くことにしよう。
そうしたら、多少、ハエが湧いても気にならない!
あと、バケツの下に穴をあけて、水分が溜まらないようにしておこう!

こうして、生ゴミバケツ2号ができあがったのでした。

  fu_04_01.gif

これも、最初の1週間ほどは問題なし。
2、3週間目・・・多少、コバエが飛んでたりするけど、まあ、外なんで、気にならない。

ナメクジも寄ってきてるみたいだけど・・
ナメクジも、生ゴミを分解しに来てくれてると考えれば、いっか!!

生ゴミが多くなってきて、多少、生ゴミ臭がする気もするけど
この前の腐敗臭に比べれば、全然気にならないわ~
(↑今考えれば、バケツに生ゴミを入れるだけだから、生ゴミ臭がきつかったんだと思う。
生ゴミを入れたら、その上に、土か腐葉土も入れるべきだった)

なんて、私はノンキに構えてたら、
旦那が来て

fu_04_02.gif

と、旦那ストップがかかってしまったのでした。
あー、次、どうしよう。

   fu_04_03.gif

堆肥作りをやめるというのではなく、バケツに入れるのをやめようかなと。

直接土に埋めた方が、生ゴミの分解が早く進み、結果的に、臭いもあまり出ないのでは?と
考えたのです。
やるだけ、やってみよう~

じか埋め方式、すごく楽なのですが、
バケツのように蓋ができないので、ちゃんと埋めとかないと
バケツの時以上に虫が湧きます。
と、思いつつ、いいかげんな私は
いいかげんな埋め方で過ごしていました。

そしてその頃、ちょうど季節は梅雨に突入したのでした・・・

何日か雨が続いた後、久し振りに、生ゴミを埋めに庭に行った私。
ふと地面を見ると

   fu_04_04.gif

ちなみに私、超目が悪いです。
顔を10センチくらいまで地面に近づけて
よーーーーーーっく見ると
なんか、1ミリくらいのコバエみたいなのが、庭の地面を覆いつくすぐらい
いました・・・・
       fu_04_05.gif

もうね・・なんていうかね・・・
こう・・もう、駆除とか考えらないくらい、沢山いましてね・・・

とりあえず、よく見ないと見えないくらい小さいので
その後はもう、何も見なかった事にして、生活してました。

   fu_04_06.gif

幸い、梅雨が明けると、その虫はいなくなり、
その後は庭に生ゴミを埋めても発生していません。
ちゃんと埋めるようになったからかな。

生ゴミも、どうにかこうにか、堆肥になっているらしく、
少しずつ、土が、ふかふかになっていっている気がします。

その後、やっと、
生ゴミ堆肥の作り方の本を購入したのでした。



遅っ!遅いよ私!

この本、生ゴミ堆肥の具体的な作り方はもちろん
虫やにおいなど、問題が生じた時の対処法も書かれています。
おすすめです。

本の値段は1400円ですが、パソコンのダウンロードで構わない人は
楽天ダウンロードから525円で購入できるようです。

楽天ダウンロードからの購入はこちら↓






 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

堆肥作り | 【2009-03-04(Wed) 09:46:08】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
良い土を作りたい・・・その3
生ゴミ堆肥は、バケツで作ることにしました。
あちこちのHPを見て回り・・・
   fu_03_01.gif
まあ、いろいろ、理論もあるみたいだけど、とりあえず、自己流で始めるか。
(↑これが、失敗のもと)

私は100均でバケツ(ふた付き)を購入して使う事にしましたが、
金銭的にOKなら、生ゴミ堆肥専用のバケツを買いたかったです。



生ゴミを投入してしばらくすると、バケツの下の方に水分が溜まるので、
それを抜くための蛇口がついています。
(水分を出さないと、下の方が腐りやすくなります)

senetty


さて、私の、生ゴミ堆肥作りが始まりました。
(って、バケツ用意しただけだけどね)
台所にバケツを置き、生ゴミを投入していって、
いっぱいになったら、ベランダに放置して、発酵させようっと。
fu_03_02.gif

最初の1週間は、特に問題もなく、生ゴミをバケツに投入。
次の1週間あたりから、異変が・・

fu_03_03.gif

嫌な予感が・・
それまで、そんなに気にしていなかったのですが
バケツの溝をよく見ると
全長1ミリほどの白い、細長いものが、いっぱい・・
しかも動いてるような・・

えーっと・・これはもしかして・・
fu_03_04.gif

と、自分をごまかしてみたのですが、
うちには、正直者の幼児が2人もいるのでした。

fu_03_05.gif

うわー!やっぱり、ウジが湧いとるんか!
旦那に知られる前に、証拠隠滅しとかないと!

バケツはとりあえず、庭にひっくり返しました。
すると
fu_03_06.gif

バケツを静置していた時は、気づきませんでしたが
バケツの下に溜まった水が、腐りまくってました。
すんごい臭いです!
庭に出した生ゴミは、上に土をかぶせて臭いをごまかし、
バケツは丸洗いしたのでした。
つづく


 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

堆肥作り | 【2009-03-03(Tue) 09:23:16】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
良い土を作りたい・・・その2
いろいろ調べた結果、生ゴミ堆肥を作るには、いくつかの方法があるようです。
私が調べた結果、気になったのは・・

1・電気生ゴミ処理機を使う
2・ミミズコンポスト
3・バケツで、生ゴミを発酵させる


最初にやりたかったのは、1・電気生ゴミ処理機でした。
生ゴミ堆肥は、作る過程で、匂いが出たり、虫が湧いたりすることがあるらしいんですが
電気生ゴミ処理機を使えば、それを、だいぶ防げるようです。

電気生ゴミ処理機を使った、堆肥の作り方
1・生ゴミ処理機に、生ゴミを入れ、生ゴミ処理機の説明書に従って処理物を作る
2・処理物は、そのままでは、堆肥として使えません。
そのまま、使うと、土の中で有害なガスを発生したり、発熱したり、
と、植物に悪影響を与えることがあります。
ですので、処理物を、庭に埋め熟成させます。2~4週間で、堆肥になります。
庭が無い場合は、プランター等の容器の中で、土、少量の水と混ぜ、熟成(夏場は1か月、冬場は2か月程)させると堆肥になります。

ウチは庭があるので、処理物を庭に埋めておけばよいことになります。
なんて、簡単そう♪
 fu_02_01.gif

が・・
電気生ゴミ処理機、高いよぅ!
fu_02_02.gif


生ゴミ処理機は自治体によっては助成金が出ます。
京都も、助成金が出るのですが、その助成金をもらったとしても、高い・・

高いお金を出して、もし思ったより使えなかったら、と考えると、
なかなか手が出ません。
ということで、電気生ゴミ処理機は、とりあえず、保留です。

-------楽天で生ゴミ処理機を検索する-------
いつか買うぞ~。

senetty


2・ミミズコンポストも、気になります。
容器に土を入れて、大量のミミズを飼い、そこに生ゴミを入れて、
ミミズに生ゴミを食べてもらって、分解してもらうということらしいです。

参考にしたサイト↓
みみずコンポスト
ミミズコンポスト

でも、ミミズなんて、上手に飼えるものなのかなぁ。
容器で飼うってことは、環境が悪くても、ミミズは、逃げ出すことができず、
その中で死んで行くことになります。
容器の中で、大量のミミズが死んだら・・
それ、誰が、片付けるの~!?
ひぃぃぃぃそんなの、見たくない~!

ただ、ミミズのフンは、かなり良い肥料になるようです。
ミミズは、土を耕してくれるって言うしね。
ミミズコンポストは、作らないにしても、
うちの庭に、ぜひ、ミミズを導入せねば!!

生ゴミ処理は、残る「3・バケツで生ゴミ処理」にしようと思います。
つづく



ブログランキングに参加しています。
↓バナーをクリックしていただけると、うれしいです。
にほんブログ村 花ブログへ



 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

堆肥作り | 【2009-03-02(Mon) 09:36:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
良い土を作りたい・・その1
うちの庭は、引っ越してきた当初、赤土の、固く締まった土でした。
しかも高い壁があるため、日があまり当たりません。
そんな庭では、植物が育ちにくいらしく、
前住人も、いろいろ植えたらしいのですが、結局、万両とシダとヤブランしか育たなかったそうです。

でも、せっかく庭があるんだし、園芸好きとしては、いろいろ、育てたいじゃないですか!
お花いっぱいのお庭って、憧れるじゃないですか!
(今までは、マンション住まいで、庭はありませんでした)

  fu_01_01.gif

日当たりは、どうにもならないにしても、土だけでも、改良してみよう!
ということで、手さぐりで、土の改良を始めました。

最初に、腐葉土(15リットルくらいのを3袋ほど)を、土に混ぜてみました。
2.3畳くらいの小さな庭なのですがうちには小さなスコップしかないので、混ぜこむのに一苦労・・
しかも、苦労の割に、あんまり変わってないみたいだし・・
もしかして、もっともっと沢山混ぜ込まないといけないの??
よくわかんないけど、10袋とか??
    fu_01_02.gif

そうだ、近所に、山があるじゃん・・
そこから腐葉土をもらってこよ~♪、、、とは思ったものの、
いい大人が、山の中で、スコップふるって穴掘ってるのって、
もしかして、怪しくない??

fu_01_04.gif

そこで、カモフラージュとして、息子を連れていくことにしました。

   fu_01_05.gif

行き道は、歌を歌ったり、虫の話をしたり、と、機嫌が良い息子。
が、山に入り、土を掘り出したとたん

「つまんない。おうち、かえる」

ちょちょちょちょちょ!ちょっと待って!
今日はただ、お散歩に来ただけじゃないのよ、
ちょっと、腐葉土を掘らせてちょうだい!!
と、あわててスコップで掘り始めましたが、
どんどん機嫌が悪くなり、しまいには、泣きだす息子。
fu_01_07.gif

お家に返して~!!と泣き叫ぶ幼児の横で、穴を掘り続ける女・・・
どんだけ、不審者!

ということで、スーパー袋に1袋だけ詰めたところで、逃げるように家に帰ったのでした。

senetty

さてさて
お山に行って、スーパー1袋分の腐葉土を持ってきたわけですが、
当然、それだけでは、全然足りないわけで。
しかも、土って、重い。

fu_01_08.gif

そうだ、家で出る野菜クズとかも、土の改良に役立つんじゃない?
実家(←昔から、家庭菜園をしている)でも、よく、
「肥料になる」って言って、野菜クズを庭に埋めてたなあ。

調べたところ、生ゴミから生ゴミ堆肥というものが作れるとわかりました。
(ちなみに植物などを発酵させたものが堆肥だそうですから、腐葉土も、堆肥の1つですね)
そして、堆肥を土に混ぜることにより、土が肥えるそうです。

生ゴミから作れるなんて、安上がりに作れそう♪。
しかも、ゴミ削減にもなるね!

生ゴミ堆肥作りに挑戦してみよう!
つづく。



ブログランキングに参加しています。
↓バナーをクリックしていただけると、うれしいです。
にほんブログ村 花ブログへ



 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

堆肥作り | 【2009-03-01(Sun) 07:00:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。