訪問ありがとうございます
名前:かのよん
昔っから、園芸好き。
特に、果樹やハーブのような、収穫も楽しめる植物が
大好きです!

アドパートナー
google
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ローゼル(2009年1月)
ローゼル蕾
食用のハイビスカスです。
このお花のガクを、お茶にします。

熱帯の方の植物なので、京都の屋外では、冬が越せません。

花が咲き始めるのが、10月頃からなので、室内に入れる場所がないと、あまり収穫できないうちに、枯れてしまうのではないでしょうか?

ウチでは、11月に入る頃、ベランダ温室に入れました。
このベランダ温室、特に加温はしていないので、夜は、0度に近くなっていると思います。
ローゼルには、過酷な環境らしく、葉っぱはほとんど落ちてしまいました。それなのに、ツボミは、どんどんついて、咲き続けます。すごいなあ。
寒波が来たりして、極端に寒くなると、小さいツボミは、しおれて落ちているようです。

発芽温度も高めです。
3月に種まきした時は一つも芽がでず・・5月半ばになってから種まきしたら、どうにか発芽してくれました。
ちなみに、背丈は2メートル以上あります。大きすぎて、移動が大変。
途中で、先端を摘んでやればよかったのだと思います。

花が終わったら、半分くらいで切り詰めようと思っているのですが、花が終わる気配がありません・・
もしかして、生産地では、年中咲く花なんでしょうか?



 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

ローゼル(ハイビスカス) | 【2009-01-17(Sat) 08:45:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。