訪問ありがとうございます
名前:かのよん
昔っから、園芸好き。
特に、果樹やハーブのような、収穫も楽しめる植物が
大好きです!

アドパートナー
google
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ウチの水道水のph
以前、ブルーベリーの土のphを測るために、ph測定器を購入しました。
これです↓
アタゴ デジタルpHメーター DPH-1

値段は高めなのですが、BlueBerryHouseさんの、pHチェッカー比較のページを見て、良さそうだったので、
思い切って、購入しました。

ブルーベリーの土は、ph4.5くらいの酸性の土が良いそうです。
(ph7が中性)

senetty


で、早速、うちのブルーベリーの土のphを測ってみたところ、
ph6.3
20090423_01.gif

うちのブルーベリーの土の配合は酸度無調整ピートモス+針葉樹チップです。
結構な酸性の土だと思うんですが。
酸度無調整ピートモスはph4.8~5.0らしいので、それくらいの値が出るかと思っていました。

ふと思い立って、水道水のphを測ってみると
ph7.8
ちょっと、アルカリ性なのね。
水道水って中性から弱酸性くらいなのかと、勝手に思っていました。

ということは、水道水のphが高いので、土のphも上がっちゃってるってことなのでしょうか??
とりあえず、ブルーベリー達は、どれも元気そうなので、様子を見ていますが、
調子を崩すようなら、何か、方法を考えないといけないのかな。


 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

==== ガーデニングデータ ==== | 【2009-04-23(Thu) 21:43:16】 | Trackback:(0) | Comments:(6)
コメント

んー。水道水、塩素がきついって言うことでしょうか。水道局に進言しなければなりませんね、
がんばって続けましょう
2009-04-24 金 01:53:35 | URL | つむじろう #- [ 編集]

こんばんは。

土のpHって測ったことがないのですが、どんな感じでやるのですか?
植木鉢のようなものに土をいれ、上から水をかけて、下から出てきた水のpHを測るんですか?
それとも土を砕いたり、すりつぶしたりして、カクテルのようにシェイクしたりしてから上澄み液のpHを測るんですか?

いつも石灰をもっとまくように近所の方にアドバイスを受けるんですが、そもそも土のpHを理解していないもんで・・・(笑)
2009-04-24 金 23:42:28 | URL | 虫丘 #mQop/nM. [ 編集]
つむじろう様
なるほど、塩素ですか。
京都の水は琵琶湖から来ているので、塩素はきついかもしれません。
夏場になったら、もっと、ph上がるかもしれませんね。

虫丘様
コップに土と水を入れて、かき混ぜ、上澄み液でphを測ったり、植木鉢の上から水を入れて、下から出てきた水を測ったりしてみました。(それが正しいやり方なのかは、いまいち自信はないのですが)
石灰は、どれだけまけば良いか、なかなか分かりませんよね。
有機石灰なら、多少、まきすぎても、植物に害は少なそうなので、うちでは、有機石灰を使っています。
2009-04-25 土 07:02:07 | URL | かのよん #e6mArcUg [ 編集]
こんにちは
ねこに化けているおっさんラベンダーです。
なるほど素晴らしい探究心ですね。
全く頭が下がります。

さて水道水のPHですが、じつはこうなっています。
ちょっと昔にいろいろ調べました。
農業試験場に行って
「水道水のPHはどうしてアルカリなのか」
「もしかしてこの川の水だからアルカリなのか」
といろいろ聞いてきました。

答えは
日本の水道はどこでも基本的にアルカリなんだそうです。
塩素が強いとかそんなことではないようです。
それで
この水をしばらく太陽光線に当ててPHを測り直すと
ちゃんと中性を示します。
だから水道の水をかけても
しばらくしたら中性の水になるようです。

ピートモスの話ですが
これは足し算して割り算するとなんとなくわかってきます。
ピートはPH4、たい肥は7と思っていたら
だいたい間違いありません。
1対1で混ぜたら4+7÷2=5.5
時間が経過すると
ピートは分解してアルカリのたい肥になります。
たい肥はもっと分解してさらにアルカリを示します。
結果として全体的にアルカリになっていきます。

そこでブルーベリーの土をどうするかというと
私のところはもともとがマサ土なので
定期的にピートモスを株もとにマルチするだけで事足ります。
鉢植えで手っ取り早い方法は
マサ土とピートモスを買ってくることです。
ピートを濡らさないで保管すれば何年も使えます。

こんなところでどうでしょうか。
ちなみに農業試験場は県立なので誰でも入れます。
教えてくれ、調べてくれといえばいやとはいいませんよ。
電話でも教えてくれます。
あとは自分に勇気があるかどうか
実際に行ってみたらけっこう面白いところです。

それでは失礼します。


2009-04-27 月 19:18:43 | URL | おっさんラベンダー #- [ 編集]
ごめんなさい。
針葉樹のチップはたい肥ではありませんでした。
これから少しずつたい肥になっていくものです。
2009-04-27 月 19:22:44 | URL | おっさんラベンダー #- [ 編集]
おっさんラベンダー様
細かく教えていただいて、ありがとうございます。勉強になります!
水道水って、どこもアルカリ性で、日光にさらすと中性になるんですか。
以前、「植木には、1日経った水をあげた方が良い」という話を聞いたことがあります。その時は「そんなバカな・・」と思ったのですが、その辺りの事に関係があるのかもしれませんね。

堆肥は、アルカリ性なんですか。
では、堆肥を混ぜることにより、土をアルカリ性にしていくことができそうですね。ハーブ類の栽培に、良いかも。

農業試験場、面白そうですね。場所がすごく遠いので、なかなか行けそうも無いんですが、いつか行ってみたいです。
2009-04-28 火 06:23:40 | URL | かのよん #e6mArcUg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。