訪問ありがとうございます
名前:かのよん
昔っから、園芸好き。
特に、果樹やハーブのような、収穫も楽しめる植物が
大好きです!

アドパートナー
google
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
メイガの幼虫対策・・・その3
「メイガの幼虫対策・・・その2」の続き

農薬を使って、駆除しても良いんですが、
できれば、農薬を使わないで、メイガの幼虫を駆除できないものでしょうか。

調べてみると、トウガラシが、青虫系に効くようです。
確かに青虫は、皮膚が薄そうだから、
あの体にトウガラシが付いたら、かなり痛いように思います!

メイガ幼虫も、きっと、青虫の仲間!(ち、ちがう??)
20090217_01.jpg

ウチには、ハバネロで作ったトウガラシエキス(ハバネロをトウガラシに漬け込んだもの)があるので、
試しに、霧吹きで株全体に噴射してみました。
4日ほど試した結果、なんだか効果があるような感じです。
急激な効果はありませんでしたが、すこーしずつ、食害が減っている気がしたのです。

20090925_10.gif

ただ、雨が降ったり、水やりなどで、トウガラシエキスが流れてしまうと、
速攻でメイガの幼虫が、やってきます。
ですので、結構頻繁に、かけてやらないといけません。
頻繁に手入れをできる人は良いですが、そうでない人には、向いていないかもしれません。

ちょうど、その頃、長期間家を空けないといけない時が近づいてきていたのです。
ちょっと、悩んだのですが、メイガの幼虫に全部食べられてしまうよりは・・と、

20090925_11.gif

結局、農薬にたよってしまったのでした。
オルトランは、メイガの幼虫によく効くようで、10日もすると、メイガの幼虫の姿を見なくなりました。

その後レモンバームは、すくすく成長しはじめました。
20090924_01.jpg

できるだけ、農薬は使いたくなかったなぁ、とも思うのですが、
このレモンバーム、周囲のメイガ幼虫を集めてくれているらしく(集まった幼虫は、オルトランで死んでいると思います)、まわりの植物のメイガ幼虫被害が、ほぼ無くなりました。

来年は、しょっぱなから、メイガの幼虫対策として、レモンバームを使おうかと、思っています。

メイガの幼虫対策、今年は、おしまい!


 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

害虫対策 | 【2009-10-01(Thu) 09:51:03】 | Trackback:(0) | Comments:(9)
コメント
かのよんさん、妊娠ブログにも書込みありがとうございました。
今月は出産予定なので更新やブログ訪問も途絶えがちかもしれませんが、宜しくお願いします。

天然ハーブ系の無農薬グッズは私もだいぶ使ったと思います。
効き目は・・・気休めかな~^^;
しかもすぐ無くなるので、費用対効果が悪い気がしました。。
うちは今、コナジラミが発生中です~~(*○*;)
2009-10-01 木 10:11:26 | URL | 菜葉もも #- [ 編集]

こんにちは。
オルトランの効き目、凄いですね(苦笑)。
でもそれで、レモンバームがすくすく育ったとなると、良かったのか、悪かったのか・・。

悪くはないんでしょうけど、農薬って使うと後味残りますよね。。。
2009-10-01 木 15:11:42 | URL | shin #- [ 編集]
オルトランを選択してそれが効いたということは
非常にラッキーなことでございます。

オルトランという農薬は
非常に人体に優しく出来ております。

しかし
非常にリサージェンスが出やすいのも事実です。

おもにキャベツに使用されていますが
産地ではとっくに使用不可になっているはず。


こうやってよく調べてから
農薬に向き合うということは
たいへん大切なことです。

それでよしです。

バチルス剤とは芋虫のインフルエンザのようなもの。

人には感染しません。
そのウィルスの毒素だけを抽出して
薬としたのがトアロー剤です。

春先の雨上がりに
毛虫がウィルスに感染して
草の先っぽで硬くなって死んでいる。

それの拡大版のようなものです。

白いカビが生えて虫が死んでいきます。
その虫を集めて砕いて
また薬として散布すると

その話は必要ならまだ今度ね。









2009-10-01 木 20:38:38 | URL | おっさんラベンダー #- [ 編集]

こんばんは。レモンバームトラップ、良いですね。おびき出してまとめて撃退ってのは理にかなってると思います。おっさんラベンダーさんの説明はすごいですね。勉強になります。農薬の特性をここまで一般人が理解するのはちょっと大変?
2009-10-01 木 22:37:32 | URL | 陸海宙 #- [ 編集]
菜葉もも様
天然ハーブ系のは、沢山かけても大丈夫と思って、どんどんかけてしまうので、無くなるのも早いですよね。
確かに、費用対効果が悪いかも。

shin様
そうですね~。
できれば、無農薬でやっていきたいとは思っているので、農薬を使ってしまうと、ちょっと負けたような気分になります(笑)

おっさんラベンダー様
今回、リサージェンスという言葉を、初めて知りました。
オルトランは、リサージェンスが起きやすいんですか。
とても沢山の人が使っている農薬だと思うのですが、近々、禁止になったりするんでしょうか?
バチルス剤の説明、ありがとうございました。メモしておかないと・・

陸海宙様
レモンバーム、無事に冬越ししてくれたら、来年はメイガ用のトラップとして、大活躍してくれると期待しています!
おっさんラベンダーさんの話は、本格的で、勉強になりますよね。さすが、本職の人は詳しいなぁと、いつも感心してしまいます。
私も、なかなか覚えきれない部分も多いのですが(笑)参考にさせていただいて、来年は、今年以上に上手く栽培できるようになったらいいなぁと思っています~。
2009-10-02 金 08:31:08 | URL | かのよん #e6mArcUg [ 編集]
しつこいおっさんでごめんなさい。

えーとオルトランのお話。

リサージェンスは連続して使用すると
起こるのです。

だからいろいろな種類の(名前ではありませぬ)
農薬が存在するのです。

農薬Aを使ったら次はBを使い
また虫が来たら今度はCかまたAを使おう。

そうすることでリサージェンスを
防いでいるのです。

ということで
オルトランは使用禁止にはなりませぬ。
使用方法をまちがえて
効かない地域が出るだけです。

来年までにアドマイヤーでも
揃えておけば何とかなりますので。

えーっと
リンクを張らせていただきました。
ラベンダーズ名誉メンバーとして
よろしくお願いいたしまする。

2009-10-05 月 21:23:13 | URL | おっさんラベンダー #- [ 編集]
おっさんラベンダー様
アドマイヤーですか。初めて聞きました。
いろいろな農薬があるものなのですね。
ちょっと購入場所を探してみます。

リンクメンバーに入れていただき、ありがとうございました♪
こちらからも、リンクさせていただきますね。
今後とも、よろしくお願いします。m(_ _)m
2009-10-06 火 13:21:30 | URL | かのよん #e6mArcUg [ 編集]
写真でも、緑がたくさんあると、心が和みますね。
2009-10-10 土 14:10:29 | URL | 砧幸四郎 #mQop/nM. [ 編集]
砧幸四郎様
ほんと、緑は、癒してくれますよね。
植物に限らず、緑色を見ると、ホッとするような気がします。
2009-10-12 月 16:11:08 | URL | かのよん #e6mArcUg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。