訪問ありがとうございます
名前:かのよん
昔っから、園芸好き。
特に、果樹やハーブのような、収穫も楽しめる植物が
大好きです!

アドパートナー
google
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
スイカの栽培方法
スイカの栽培方法(アタリア農園・小玉スイカマクワ の つり(支柱)栽培

1) 本葉が5~6枚くらいに育ったころに植えつけ(浅植え)

2)10号深鉢に1株、65センチの深プランターには2株が植えることができますが、
小玉種が無難です。

3) 保温のために、ビニールのホットキャップで被います。
頂部に少し穴を開け、乾いてきたらこの穴から潅水します。
ホットキャップの高さになるまで、被覆して育てます。

1) 5~6節で摘芯し、勢いのよい子蔓を3本伸ばします。
(4本でも良いらしい)
孫蔓は放任。

基本は1番花(5~8節についた雌花)は
取り、2~4番目(12~24節位)の雌花 に1番成りを着果させる.

2) 果実がこぶし大になったころ、ところどころに化成肥料を追肥します。
多肥にすると「つるぼけ」を起こし、収穫量が減ります。
また、蔓1本につき、1果が目安ですので、余分な果実は摘果します。

3) 気温が上がって、蔓が伸びてきたら敷きわらをします。
黒色ポリフィルムでマルチングしてもかまいません。
1) 小玉種は、開花から25日ほど、大玉種は、50~55日くらいで収穫適期となります。
果実のへたの部分が少しへこみ、表面のつやが鈍くなり、
指の腹でたたくとボテボテという濁った音がしたら完熟です。


 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

スイカ | 【2010-04-17(Sat) 23:01:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。