訪問ありがとうございます
名前:かのよん
昔っから、園芸好き。
特に、果樹やハーブのような、収穫も楽しめる植物が
大好きです!

アドパートナー
google
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ブドウ各種の実と、ブドウの害虫(2010年7月18日)
ブドウ各種、実が大きくなってきました。

今年の5月に購入した藤稔も、実がなっています。
20100718_01.jpg

品種不明の、黒いブドウ(今はまだ緑)
20100718_02.jpg

ネオマスカット
20100718_03.jpg

1枚目の藤稔の写真を見ると、葉っぱが食い荒らされているのが分かります。
6月の頭に、ブドウスカシクロバの幼虫が、大量発生したのです。
(とはいえ、割と鳥が来る場所のおかげか、去年よりは、マシだったのですが)
20100712_07.gif

薬は、少しでも安全性の高いものを、と、BT剤を選択しました。
BT剤はバチルス・チューリンゲンシス(BT)という細胞を利用した殺虫剤だそうで、
人を含む哺乳類に対する安全性が高く、生態系に与える影響も少ないそうです。

BT剤にも、いろいろ種類があるのですが、
果樹に適用があり、適用害虫に「ケムシ」と書かれている
デルフィン顆粒水和剤を使用しました。


その結果、結構、毛虫は減ったように思います。


 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

ブドウ | 【2010-07-19(Mon) 09:49:04】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント
こんにちは
いきなりむずかしいことを書くと
他の人が「何事やの。」と
心配するかも知れませんので

BT(バチルス)剤の効果から。

かのよん様が使ったのは
芋虫のインフルエンザウィルス(比喩ですが)
の毒素を集めたようなもので
人には効かない薬です。

この薬はゆっくり効いて
葉の裏にいて薬のかからなかった奴にも効きます。

よく探しましたな。
私は同種のトアローを使います。

これらの薬は効きが遅いのと

ちゃんと効かせるためには
薄くてもよいので
たっぷりと流れるくらいかけましょう。

今度はもっとうまく行きますように。

適用があるかどうか知りませんが
「脱皮阻害剤」も人には効きません。
人は脱皮しないからね。

私は普通の農薬とこれらを
交互に使うことでリサージェンスを防いでおります。

ブドウは石灰大好き植物なので
どこかのだれかのように
消石灰をふりかけるというのも
ありかも知れません。






2010-07-19 月 19:26:05 | URL | おっさんラベンダー #- [ 編集]

こちらを覗くことで随分勉強になりますです。
早くそげな果実がなるようにかんばります。
2010-07-21 水 05:23:28 | URL | 旋次郎 #- [ 編集]
おっさんラベンダー様
結構、毛虫はいなくなったように思ったのですが、まだどこかに隠れているらしく、毎日葉っぱがかじられています。
もっとたっぷりかけないといけなかったのかもしれません。
あと、かけた半日後には、雨が降っていたので、それも良くなかったのかな。
普通の農薬も、検討してみます!

旋次郎様
ウチのブドウは、実はどうにか付いてますが、葉っぱがボロボロになってます。
旋次郎さんの所のブドウの方が、葉っぱが立派で、株は元気だと思いますよ。
こちらこそ、見習わせていただきます!
2010-07-21 水 15:46:00 | URL | かのよん #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。