訪問ありがとうございます
名前:かのよん
昔っから、園芸好き。
特に、果樹やハーブのような、収穫も楽しめる植物が
大好きです!

アドパートナー
google
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
落ち葉を腐葉土に
「ゴミ袋に枯れ葉を入れ、1年入れっぱなしにしておけば、腐葉土ができる」という話を聞き
去年の晩秋に、せっせと落ち葉を集め、ゴミ袋に入れてから、
はや1年が過ぎました。
20101201_07.jpg

さて、ゴミ袋の中身はどうなってしょうか。
見てみましょう!
20101201_08.jpg 20101202_03.gif

ほんとに葉っぱのままです!
「袋に1年入れっぱなしにしておけば、腐葉土ができる」という話は、
マボロシでした。
まあ、そんなに都合良くはいかんということですね。

ということで、初心に帰って、あらためて腐葉土作りに挑戦しようと思います。
今年は
「びしょびしょにならない程度に水気を与える」
「時々かき混ぜて、空気を含ませる」
「発酵促進のために、米ぬかも混ぜてみる」
の3点を押さえて、挑戦してみます。

腐葉土を作るための袋ですが、去年は黒いごみ袋を使いました。
ですが、ゴミ袋では、容量が少ないので、かき混ぜにくいですし、
ちょっとしたことですぐ破れてしまうので、
今年は、もっと大容量で、強度のある袋を探していました。
で、最終的に決めたのが、これ↓


実際、購入し、広げてみたら、予想以上に大きかったので、
ちょっとビビってしまいましたが・・・・
20101201_09.jpg 20101202_04.gif

せっせと、落ち葉を拾ってきて、貯め込んでいます。
20101201_10.jpg



 ブログランキングに参加しています。
 下の↓バナーボタンをクリックしていただけると、嬉しいです。
 にほんブログ村 花ブログへ

堆肥作り | 【2010-12-07(Tue) 14:12:13】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
コメント

ん~。
すごい、力が入っていますね~。

なんだかその袋、たっぷり作れそふです。
でも、かのよんさんち、庭がとっても広いようなので、一部を木で囲ってヤードにも出来そうですね♪

それにしても。。
腐葉土堆肥、それだけだとやはり長い時間がかかりそうです。ん~。残念っ。

そうそう、使い古しの土も混ぜると更にいい感じですよん。ぜひお試しを。

それと冬囲い、ビニールに全面覆ってしまうと蒸れてしまうので、その場合は空気穴をいくつか開けるというのが、当地では定番で~す^^
2010-12-10 金 15:46:51 | URL | ローズmaria #- [ 編集]

ローズさんの仰るとおり、庭土も混ぜる。思い出したときにスコップでザックザックやって酸素を入れた後、水をかける。特に夏場は発酵が進みます。

数年前、果樹栽培に目覚めたとき、うちの庭は関東ローム層の赤い粘土でした。私はせっかちなので、大量の落ち葉を直接庭に漉き込んで土作りしました。その以前から、生ゴミは全て土に漉き込んでいたので、この家を買って十数年間、一度も生ゴミを回収に出したことありません。特にアサリの貝殻は、鉢底材として活用。また、卵の殻や魚のアラは、果樹にとっても良いです。
2010-12-11 土 18:02:55 | URL | sky #hc/RhcJk [ 編集]
ローズmaria様
土ですか。了解しました。
あと、ビニールには穴ですね。
蚊取り線香で、チョンチョン開ければいいかしら。

sky様
やっぱり、冬の間は、あまり発酵しないんですかね。
卵の殻や魚のアラは、果樹に良いんですか。
これらは、直接土に混ぜ込んでいるんでしょうか。
2010-12-12 日 06:22:21 | URL | かのよん #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。